ラテンアメリカ研究年報

最新の研究年報についてバックナンバー

『ラテンアメリカ研究年報』第38号の原稿募集

『ラテンアメリカ研究年報』第38号(2018年7月刊行予定)の原稿を募集します。

Ⅰ.募集対象

募集する原稿は、論文、研究ノートおよび書評(研究動向)論文です。うち、「研究ノート」とは以下の目的で書かれた文章を意味します。
1. (他者の研究にも役立つような)調査・分析の方法や技術に関する解説またはこの点に特化した調査報告。
2. 新しいアーカイブや研究資料・データの紹介。
3. 他研究者の既発表研究の解釈・理解を助ける目的で書かれた(批判を目的としない)補足的考察。
また、「書評(研究動向)論文」とは、複数の文献、かつ/または、あるテーマの分野や研究を画するような文献を取り上げて、当該テーマ・分野についての、重要な研究動向を紹介し、検討するもので、独自のタイトルを持つ文章を意味します。
原稿は完全原稿で未発表のものに限ります。また、二重投稿はご遠慮下さい。外国語で執筆する場合は、かならずネイティブ・チェックを行なってから投稿してください。なお、既発表の和文原稿を翻訳した欧文原稿は受け付けません。

Ⅱ.投稿資格

投稿締め切りの時点で、本学会の会員であること、もしくは入会申請済みであること。

Ⅲ.日程など

1)原稿提出締切日 2017年12月15日(必着)
2)原稿提出部数 原則としてプリントアウトされたもの1部と電子メールの添付文書。なお、手書きの原稿も可とし、その場合は電子メールでの提出を免除しますが、プリントアウトされたものを4部提出ください。
3)原稿提出先 〒606-8501 京都府京都市左京区吉田下阿達町46 京都大学東南アジア地域研究研究所 村上勇介 ymurakam@cseas.kyoto-u.ac.jp なお、封筒の表には「『研究年報』投稿原稿」と朱書きしてください。電子メールの件名は「『研究年報』投稿原稿(氏名)」として下さい。
4)第1次審査結果の通知(おおよその予定) 2018年1月下旬~2月初め。
5)再審査(第2次審査) 第1次審査で「再審査」(再審査のうえ掲載の可否を決定)となった場合、第1次審査結果通知から約1 ヶ月後に、修正原稿を提出していただきます。部数・提出先は上記と同じです。
6)修正済み最終原稿 審査の結果、「採用」となった場合、技術的修正を含め、2018年3月下旬に最終原稿(プリントアウトされたもの2部と電子メールの添付文書)を提出していただきます。
7)入稿および校正 2018年4月初めに印刷所に入稿します。校正は三校まで行ないます。初校と再校が筆者校正となります。三校は原則として編集委員会によって行ないますので、できるかぎり初校で手直しをして、再校は最小限の手直しになるよう十分に注意してください。

Ⅳ.執筆要綱

1)作成方法 原則としてパソコンで作成し、A4用紙に横書きで印刷して下さい。印字は、本文・註・参考文献ともに、1ページ当たり、和文が32字× 25行、欧文は60文字×25行を標準とし、表紙に1ページ当たりの字(語)数を明記して下さい。使用するワープロ・ソフトはMicrosoft Wordが望ましいが、他のソフトでも受け付けます。 手書きの場合は、A4版の400字詰め、もしくは200字詰め原稿用紙を横書きで使用して下さい。
2)制限字(語)数 文字数は、標題・本文・註・参考文献 ・図表・謝辞などすべてを含み、以下のとおりとします。
和文論文:24,000字(400字詰め原稿用紙60枚相当)、和文研究ノート:16,000字(400字詰め原稿用紙40枚相当)、和文書評(研究動向)論文:12,000字(400字詰め原稿用紙30枚相当)。 欧文論文:10,000語、欧文研究ノート:8,000語、欧文書評(研究動向)論文:5,000語。 図表は、印刷出来上がり1ページを占める場合は800字(和文)、もしくは370語(欧文)、1/2ページを占める場合は400字(和文)、もしくは185語(欧文)として換算します。提出時に制限字(語)数を大幅に超過している原稿は、審査の対象としませんのでご注意下さい。
3)要約 和文の論文、研究ノートについては、投稿時に、欧文要約(600語程度)を、欧文の論文、研究ノートについては、和文要約(1,200字程度)を提出して下さい。要約は、上記の制限字(語)数に含めません。書評(研究動向)論文については、要旨の提出の必要はありません。
4)執筆要綱の詳細 節区分、引用、註の付け方など、執筆要綱の詳細については、本会のホームページをご参照下さい。全文をPDFファイルでダウンロードできます。原稿が執筆要綱に従っているかどうかも、原稿採否の基準の一つです。投稿に当たっては、執筆要綱を守っているがどうかを、改めてご確認下さい。
5)図版作成費用 図版のトレース、写真のスライド焼きなどに多額の費用がかかる場合、実費の負担を求めることがあります。

Ⅴ.審査

審査は匿名審査制度によって行ないます。審査は、投稿者の氏名を伏したうえで、原則2名の審査員によって行なわれます。審査者の氏名も公表しません。投稿にあたっては、執筆者が特定できるような記述は避けてください。これについても、執筆要綱をご参照下さい。 なお、提出された原稿は返却しません。

Ⅵ.抜き刷り

執筆者には無償で抜き刷り30部を贈呈します。

Ⅶ.著作権など

1)本『ラテンアメリカ研究年報』が掲載する論文、研究ノートおよび書評(研究動向)論文(以下、「論文等」)の著作権は日本ラテンアメリカ学会に帰属します。掲載論文等の執筆者が当該論文等の転載を行なう場合には、必ず事前に文書で本学会事務局にご連絡下さい。  また、当該『ラテンアメリカ研究年報』刊行後1年以内に刊行される出版物への転載はご遠慮下さい。
2)万一、本『ラテンアメリカ研究年報』に掲載された執筆内容が他者の著作権を侵害したと認められる場合、執筆者がその一切の責任を負うものとします。
3)本『ラテンアメリカ研究年報』に掲載された論文等は、当該号の刊行の1年後(次号刊行後)に全文が電子媒体で公開されます。投稿は、採用された論文がそのような形で公開されることに同意した上で行なわれたものとみなされます。

『ラテンアメリカ研究年報』第38号編集委員会(編集責任者:村上勇介)

バックナンバー