定期大会

最新の定期大会過去の定期大会

    

第42回定期大会(オンライン開催)一般参加・報告者募集のお知らせ

   

第42回定期大会(2021年6月5・6日 於:横浜国立大学・オンライン開催)の一般参加・報告者の募集を行います。ご希望の方は、2021年2月15日(月)までに下記の要領でお申し込みください。申し込み締切を2月5日(金)としておりましたが、2月15日(月)まで延長いたします。報告希望やパネル提案などありましたら以下の通りお早めにご連絡ください。なお、申し込み終了後直ちにプログラム編成に入りますので、期限の厳守にご協力ください。第42回ラテンアメリカ学会定期大会における研究発表は一人1回限りとします。
また、中止となりましたが2020年度に行われるはずであった第41回定期大会(於:立命館大学)に参加登録された会員の皆様も、今回再度お申し込みいただくようお願いいたします。

  1. すでに会報133号でお知らせしましたように、申し込みはGoogle Formsの書式を用いて行います。以下に、申し込みにあたっての具体的な注意事項を述べます。そのほかの留意点に関しては、会報をご覧ください。
    申込みフォームは大きく分けて3つのセクションからなっています。順次お答えください。
    所定の「個別研究報告申込書」に必要事項を記入し、デジタルファイルにてお申し込みください。個別報告にはそれぞれ討論者がつきます。希望する討論者の氏名(複数可)を記入するようご協力ください。なお、討論者への正式な依頼と最終的な選定は大会実行委員会が行います。報告者は日本ラテンアメリカ学会の会員に限ります。未納の会費がある場合はすみやかに納入のうえお申込みください。

    I)セクション
     申込者のお名前やご所属、学会員/非学会員、連絡先メールアドレスを伺います。「非学会員」を選択された方は「次へ」のクリック後、III)セクションに移ります。

    II) セクション
     参加の形式を伺います。a) 一般参加、b) 個別研究報告、c) パネル、d) ポスターの別です。次に、分科会・パネルでの発表を録画することを承認いただけるかどうかをご記入ください。「一般参加」を選択された方は「次へ」のクリック後、III)セクションに移ります。参加の形式b)、c)、d)を選択された方は、「次へ」をクリックすると、サブセクションへ移行します。必要事項を記入してください。

    II)のサブセクション
    ・個別研究報告にはそれぞれ討論者がつきますが、発表者は希望する討論者に事前に連絡を取り、その了解を得るようご協力ください。討論者は学会員に限ります。これを元に正式な依頼は、大会実行委員会が後に行います。発表要旨は200-250字(欧文の場合は100-120ワード)を目安としてください。
     なお、オンライン大会に向けて、従来の大会と同様の分科会(およびパネル)数のアカウントを用意していますが、万が一、個別発表(およびパネル発表)の申し込み数が用意しているアカウント数に収まらない場合、ポスター発表への変更をお願いする可能性があります。その場合、ポスター発表への変更を承認いただけるかどうか、その可否を教えてください (大会実行委員会からの変更依頼は2月下旬にお伝えします)。
    ・パネル発表に関しては会報5-6ページをご覧ください。パネルの概要は200-250字(欧文の場合は100-120ワード)を目安としてください。
    ・ポスター発表は、事前にPowerPointを用いてプレゼンテーション(pptまたはpptx形式)を作成し、大会実行委員会宛に送付します。プレゼンテーションは画像・音声を含むものとし、全体で15分に収まるようにしてください。プレゼンテーションは大会プロフラムからアクセスできるようにします。
     大会終了後も5日間大会ポータルよりアクセスできるように設定しますので、積極的にこの形式をご利用ください。なお、ポスター発表の要旨は個別報告発表要旨同様、200-250字(欧文の場合は100-120ワード)を目安としてください。
      II)サブセクションの記入後、「次へ」をクリックするとIII)セクションに移ります。

    III)セクション
     懇親会参加のご希望を伺います。また、懇親会にかかるご意見(自由記述欄)を記入ください。記入後は「送信」をクリックし申込みを完了させてください。

  2. 現段階における定期大会開催に向けての今後のスケジュールと具体的な注意事項は以下の通りです。
    ◆2月5日(金)23時59分 大会一般参加・報告申し込み締め切り
    ◆2月22日(月)報告申し込みの採否通知
    ◆3月中旬以降にリハーサルを開催します。採否の際に詳細をご連絡いたします。
    ◆4月16日(金)「第42回ラテンアメリカ学会定期大会要旨集」用最終版原稿の締め切り
     大会実行委員会(ajeltaikai2021#gmail.com #を@に変更する)宛に、件名を「報告要旨提出(氏名)」、「パネル要旨提出(氏名)」、「ポスター発表要旨提出(氏名)」のいずれかとして、以下の要領で送付してください。これをもとに分科会、パネル等にまとめ、大会ポータルにアップロードします。
    ・Word文書として提出してください。和文の場合400字程度、欧文の場合は210ワード前後を目安としてください。
    ・個別報告およびポスター発表の要旨はA4版1 ページに収め、それぞれ発表タイトル(太字)の下に右寄せで発表者氏名、括弧内に所属を記入、それから行を変えて要旨本文としてください。パネル発表の場合にも同じ様式でタイトル、代表者氏名、所属を記入し、パネル概要が続きます(200-250字 欧文の場合には100-120ワード)。その下に個別発表と同じ要領で発表者のタイトル(太字)と短い発表要旨を付してください。これらを最大A4版2 ページに収めてください。

    ◆5月14日(金)「報告ペーパー」提出締め切り
     大会実行委員会(ajeltaikai2021#gmail.com #を@に変更する)宛に、件名を「報告ペーパー提出(氏名)」として、以下の要領で送付してください。
    ・Word文書およびPDF文書双方の形式で提出してください。
    ・添付ファイル(WordおよびPDF形式)名は、たとえば分科会2での報告者であれば「B-2-Okoshi」、パネルCの報告者であれば「P-C-Kobayashi」と名前をつけてください(これは必ず守ってください)。
    ・報告ペーパーの目安となる文字数は和文5000-10000字、欧文2400-5000ワードです。
    ・各報告ペーパーは、報告タイトル(太字)、その下に右寄せで氏名、括弧内に所属を書いてください。大会実行員会は、提出された報告ペーパーを電子媒体で大会ポータルにアップロードしますが、実行委員会では各報告ペーパーの編集は行いませんので、提出前の入念なチェックをお願いします。


  3. なお、プログラム構成上、参加形態の変更をご依頼する可能性もございます。会員の皆様方へのご協力を頂きたくどうぞ宜しくお願い申し上げます。


こちらからフォームへアクセス下さい → フォーム


第42回日本ラテンアメリカ学会定期大会(オンライン開催)
実行委員長:藤掛洋子
実行委員:大越翼・山崎圭一・小林貴徳


過去の定期大会